アラフォーファッション


本日はアラフォーファッションの若々しさと若作りの違いについて
チョイとレクチャーしちゃいます☆

d0339889_12082773.jpg


私自身はアラフォーよりずーっとお姉さんなのですが、体型が変わっていないので、
殆どアラフォー時代とファッションのスタイルは変わりません。

よく、インタビュー等で言っているのですが、アラフォー世代は女として一番良い時!!

フランスでは昔から”30代の子供達”と呼ばれ、40代でやっと大人と認められます。

それだけ、文化が大人だという訳。

残念ながら我が日本は、大人の男が大人の女を恐がる傾向があるので(!)

30過ぎたらもうオバサン!等と嘆かわしい事を言う人がいるのも事実。

でもね…考えてみて。

周りにいる40代、50代、

いえいえ、60代の女性のなんとかっこいい人の多い事!!

アラフォーなんてまだまだ!すっごく若いと思わない!?

体力も気力もまだ充分。

でも、経験も積んでいるから仕事はとってもやりやすくなっているはず☆

当然!カッコ良くてできる女はモテます!!

私も40代が一番モテた。ハハハ☆

だから、アラフォーは何でも着こなせる!

…と言いたい所だけど、やはり大人の女には節度というのは大切な訳で。

若々しく見える事と若作りが違うのは、そこなのです!

自分の体型や似合う色等を、全身鏡でチェックして、

流行を取り入れるのなら100%ではなく、70%位にすると、丁度いい☆

少しとっぽい(!)ファッションにチャレンジしたいのなら、

色目を抑えて2色使いか、モノトーンに抑える。

要は引き算をする、という事。

街で見かけてウワっ!若作りしてる!!…と思える人は、

必ずあれもこれも、と足し算をしている人が多い。

例えば、今年の春夏なら花柄やエスニックプリントのワンピース等が流行っていますが、

華やかな色の服を着るときは、潔くノーアクセサリーで、

ブランドのBagはやめて、かごBagに。

すっきり足元の出るサンダルを合わせれば、若々しく夏を楽しめますよ♪

スタイルが良いからと言って、10代、20代のギャルの服をそのまま着るのはNG!!

どんなにスタイルが良くてもお顔が10代、20代の時とは微妙に違う訳だもの。

どこかに大人のエッセンスを取り入れなければダメよ!

アラフォーの強みは、若い子には無いインテリジェンスや、
経験に裏打ちされた自信なのだから!!

ファッションでも、例えばミニスカートやタンクトップをチョイスしても、

そのまま着るのではなくて、大人っぽいトレンチを羽織るとか、

今、流行のファストファッションも、使える服が多いけれど

全身ファストファッションで決めるのではなく、

アラフォーらしい大人っぽいアイテムと組み合わせると、安っぽくなりません☆

それと、ガーリーなテイストは、私はお勧めしませんね。

若々しいファッションも大いに結構だけど、フアフアファッションは無理!

ちょっとだけ男子っぽくすると、すっきりして上手くいきます☆

例えば私のファッションでいくと、

d0339889_12082777.jpg


今年はどうしてもショートパンツをはきたかったので、

ウエストマークで裾が少しフワッとした、ルイ ヴィトンをチョイス。

脇のボゥが女らしいのと、

腰回りが緩めなので、ウエストが細く見えます。

そう…大人の女性が若い人のアイテムを着る時は、

目の錯覚を利用して、スタイルを良く見せる工夫をする事が大事なのです!!

ウェッジソールのサンダルで足元をすっきりまとめると、脚も長く見える!!

そして、大事なのは色を白×黒のバイカラーで統一した事。

派手すぎず、でも人とは一味違ったコーディネートになったと思うのですが…。

d0339889_12082705.jpg


お次は、仕事の時のかなりカジュアルなスタイル。

今、ロックTや、ミッキーTなど、若者向けのチョイ派手なTシャツが大流行!

これを頂かない手はありません♪

でも、そのままジーンズやレギンスと合わせると、モロ若作りに!

私は、細身のパンツを合わせて、足元にはデニム素材のシャネルのパンプスで。

足元をレディライクにすると、カジュアルな装いもグレードアップして大人っぽく着こなせます☆

そして、アクセサリ−は本物を。

この日の私は、全てダイヤで統一。

でも、シルバーやゴールドの重ね付けでも素敵☆

要は、カジュアルなスタイルの時はアクセサリ−でリッチ感を出して!

”甘辛コーディネート”でアラフォー女性の底力を見せちゃいましょう!!

40代は、一番輝いている世代なのですよー!!!

自信を持ってお洒落しちゃいましょう☆

あっ!…でも、節度と品はお忘れなくネ♪


<< 日本のDIVA、岩崎宏美さん♪ 続、トイプーのターボ☆ >>

えなみ眞理子 ブログ


by enami-mariko